アンドレ・ジッド集成2

アンドレ・ジッド 著 , 二宮 正之 翻訳

時を超えて輝く、
モダンの魅惑!

『狭き門』『背徳の人』をはじめ『鎖のやわだったプロメテウス』『放蕩息子の帰宅』『イザベル』など、人間を誠実に問い続けたジッドの作家としての確立期の名編を収録。

アンドレ・ジッド集成2
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体7,000円+税
  • Cコード:0397
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2014/09/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:496
  • ISBN:978-4-480-79102-3
  • JANコード:9784480791023
アンドレ・ジッド
アンドレ・ジッド

ジッド,アンドレ

(1869-1951) フランスの作家。小説、随筆、評論、日記、詩、戯曲、翻訳、書簡など、多様な形式を用いて文学の限界を広げ、変化、生成する人間の姿をさまざまな角度から描き出した。苦悩にみちた青春から晴朗な老年まで、常に自由な精神を持って十全に生き、数多くの名言を残したモラリストでもある。

二宮 正之
二宮 正之

ニノミヤ マサユキ

1938年、東京生まれ。1965年以来、在欧。ジュネーヴ大学名誉教授。著書に『私の中のシャルトル』『小林秀雄のこと』、訳書に『ジッド=ヴァレリー往復書簡』ほか。

この本の内容

ひたすらに霊性をもとめる魂をおそう悲劇を描いた『狭き門』およびその対をなす『背徳の人』、さらに『鎖のやわだったプロメテウス』『放蕩息子の帰宅』『イザベル』など、“作家”の確立期の鮮烈な秀作五篇を収録。多彩なテクスト空間が明晰な新訳に輝く!

この本の目次

鎖のやわだったプロメテウス
背徳の人
放蕩息子の帰宅
狭き門
イザベル

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可