夜の太鼓

石垣 りん

ありふれた日常の暮し、人や事物を素材にしながら、そこにひそむ美や不合理を鮮かに描き出す。父祖の地への思い、自作の詩にもふれたファン待望のエッセイ集。

夜の太鼓
  • シリーズ:単行本
  • 1,537円(税込)
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1989/06/02
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:216
  • ISBN:4-480-81271-7
  • JANコード:9784480812711

この本の内容

ありふれた日常の暮し、人や事物を素材にしながら、著者はそこにひそむ美しさや不合理などを鮮かに描き出す。また、父祖の地への思いを語り、自作の詩について述べる。ファンの待望久しい第3エッセー集。

この本の目次

1 花いちもんめ(時の名称
しつけ糸
気になったことふたつ
私のテレビ利用法
春の日、夢の島へ
相手の財布をいたわる ほか)
2 その角の向うに(運動会の空
梅が咲きました
秘宝
おばあさん
花の店
早春
乙女たち
思い出が着ている
伊豆と私
ウリコの目ムツの目 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可