深夜のラジオっ子 ─リスナー・ハガキ職人・構成作家

村上 謙三久

「深夜の馬鹿力」「ウンナンN」「コサキン」「オードリー」…。深夜ラジオの構成作家の証言をもとにその裏側を語り尽くす!ラジオがもっと好きになる一冊。

深夜のラジオっ子 ─リスナー・ハガキ職人・構成作家
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0065
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2018/03/15
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-81542-2
  • JANコード:9784480815422
村上 謙三久
村上 謙三久

ムラカミ ケンサク

1978年東京生まれ。編集者、ライター。日本スポーツ出版社でプロレス記事を取材編集後、フリーの雑誌編集者へ。その後、子供時代からの趣味であったラジオにも領域を伸ばし、ラジオムックの編集長を務めている。編集に「お笑いラジオの時間」がある。

この本の内容

構成作家の証言のもと、九〇年代を中心に深夜ラジオを掘り下げる。

この本の目次

1 「マセキ里穂」はこうして生まれた―藤井青銅に聞く
2 テレビじゃ、これは伝わらない―田家秀樹に聞く
3 暴走と冷静のコサキン―鶴間政行に聞く
4 すべてはニッポン放送に教わった―石川昭人に聞く
5 とあるリスナーの数奇な運命―伊福部崇に聞く
6 「お笑い」だけが、ラジオじゃない―大村綾人に聞く
7 アニメ・声優との真剣勝負―長田宏に聞く
8 フリートークをもっと聴きたい!―奥田泰に聞く
9 構成作家はじめました。―辻村明日香・チェひろしに聞く

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可