小田実の世直し大学

小田 実 著 , 飯田 裕康 編集 , 高草木 光一 編集

大学は世直しの拠点となりうるか――「大学改革」の嵐の中で、今こそ、大学とは何かを熱く問い直す。小田実講義録「われわれは今何をなすべきか」を併録。

小田実の世直し大学
  • シリーズ:単行本
  • 1,980円(税込)
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2001/09/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-81619-4
  • JANコード:9784480816191

この本の内容

つねに編著者の念頭にあることは、リベラリズムにはそれ相当の責任倫理が伴うべきものだということである。教育や研究の現場に在って、世上おこなわれている大学論にある距離を感じつつ、しかし、編著者が追求してきたものがけっして時代遅れでも認識不足でもなく、まさに現場をふまえた議論であることを確信しているがゆえに、あえてリベラリズムの重要性を揚言したいのである。本書は、現代の思想状況に市民的日常をふまえつつ迫ろうと意図したものである。

この本の目次

第1部 小田実と語る―大学は世直しの拠点となりうるか(大学とは何か
「市民的共生」と大学
いかに「世直し」の拠点をつくるか)
第2部 小田実講義録 われわれはいま何をなすべきか―職能人・消費人・市民(ホテルの風景から
「職能人」・「消費人」・「市民」
阪神・淡路大震災と「市民」の論理
「市民」の経済と日本資本主義
何をなすべきか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可