プロパガンダ・ラジオ ─日米電波戦争 幻の録音テープ

渡辺 考

戦時海外放送の歴史と真実

戦前・戦中、海外に向けて放送された短波ラジオ。さまざまなプロパガンダを繰り広げ、最後は和平交渉の手段ともなったその実態とは。迫真の歴史ドキュメンタリー。

プロパガンダ・ラジオ ─日米電波戦争 幻の録音テープ
  • シリーズ:単行本
  • 2,530円(税込)
  • Cコード:0021
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2014/08/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-81832-4
  • JANコード:9784480818324

この本の内容

国際親善を謳って始まった海外向け放送「ラジオ・トウキョウ」。だが戦中は国のプロパガンダ機関として激しい情報戦を展開し、戦争末期には和平交渉の最後のカードとなっていく―。NHKのETV特集『日米電波戦争』の取材において発掘された貴重な音源から、ラジオ・トウキョウの知られざる軌跡に迫る!

この本の目次

プロローグ アメリカに眠っていた幻のラジオ・トウキョウ
第1章 大陸進出と海外放送
第2章 激化するプロパガンダ
第3章 大本営と海外向け報道の変容
第4章 捕虜を使う
第5章 『ゼロ・アワー』と東京ローズ
第6章 日米電波戦争
第7章 和平工作という新たな役割
第8章 敗戦への三週間
第9章 それぞれの戦後

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可