冤罪・キャッツアイ事件 ─ヤクザであることが罪だったのか

山平 重樹

罰されるべきは
警察だったのではないか!

ヤクザには法の平等も人権も適用されないのか。殺人で逮捕された実行犯の虚偽供述と権力によって、一人のヤクザが冤罪に陥れられていく過程をつぶさに描く。

冤罪・キャッツアイ事件 ─ヤクザであることが罪だったのか
  • シリーズ:単行本
  • 1,980円(税込)
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2012/12/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-81834-8
  • JANコード:9784480818348
山平 重樹
山平 重樹

ヤマダイラ シゲキ

1953年山形県生まれ。法政大学卒業後、フリーライターとして活躍、アウトローものを得意分野とする。実録小説、ノンフィクションなど多数の著作がある。原作映画化作品に「残?」「morocco横浜愚連隊物語」「実録新宿の顔」などがある。主な著作に「ヤクザに学ぶ交渉術」(幻冬舎アウトロー文庫)、「実録神戸芸能社」(双葉社)、「ヤクザに学ぶ組織論」(ちくま新書)、「連邦刑務所から生還した男」「冤罪・キャッツアイ事件」(小社刊)などがある。

この本の内容

無視されるアリバイ、恫喝と懐柔、虚偽の供述、恐るべき権力犯罪の実態がここにある。罰されるべきは警察だったのではないのか!獄中22年、無実を訴え続けた極道人生とは!事件の真相と川口の人生を描き出す。

この本の目次

第1章 キャッツアイ事件
第2章 冤罪の構図
第3章 川口和秀の極道人生
第4章 喧嘩の東組
第5章 不当裁判
第6章 支援者たち
第7章 獄中での闘い

読者の感想

2013.1.11 田中礼子

22年間、お疲れ様でした。
警察の汚さ、信頼していた子分の裏切り…

冤罪を読みながら、涙が 止まりませんでした。
被害者も、?です。
まだまだ、闘って欲しいのですが…
お身体、大丈夫ですか?
ご自愛して下さい。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可