場末のシネマパラダイス ─本宮映画劇場

田村 優子

福島県の小さな町に残る築100年を超える映画館では古い映写機やフィルムが出番を待っている。まるでタイムカプセルのような劇場の歴史と館主の姿を伝える。

場末のシネマパラダイス ─本宮映画劇場
  • シリーズ:単行本
  • 1,980円(税込)
  • Cコード:0074
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2021/06/29
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:176
  • ISBN:978-4-480-81857-7
  • JANコード:9784480818577

この本の内容

映写機の光、謎のポスター、100年を超えた建物…映画をめぐる記憶を呼び醒ませ!堂々の大公開。奇跡の映画館へようこそ!

この本の目次

第1部 素晴らしき哉、映画館!(ポスターあっての映画館
泥くさい映画ポスターの魅力
雑誌『成人映画』は家宝 ほか)
第2部 バック・トゥ・ザ・シアター(本宮座の始まり
本宮空襲と戦時中の映画館
本宮映画劇場誕生 ほか)
第3部 本宮映画劇場の逆襲(本宮映画劇場西へ カナザワ映画祭のこと
フィルム救出大作戦 本宮水害
復活の日)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可