《宮沢賢治》注

天澤 退二郎

宮沢賢治とは誰か。詩集『春と修羅』から童話「銀河鉄道の夜」に至るまで、賢治の作品と人をめぐる、最近十年間にわたる評論・エッセーを集大成した待望の一冊。

《宮沢賢治》注
  • シリーズ:単行本
  • 6,380円(税込)
  • Cコード:1095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1997/07/03
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:460
  • ISBN:4-480-82332-8
  • JANコード:9784480823328

この本の内容

若き日の記念碑的評論『宮沢賢治の彼方へ』以来、校本全集刊行以後の賢治論を収録した第一冊目『“宮澤賢治”論』、第二冊目『“宮澤賢治”鑑』に続き、最近十年間にわたる評論・エッセー群を集大成した待望の第三冊。

この本の目次

詩篇「無声慟哭」をめぐって
『春と修羅』第一集から第二集へ―日付と作品番号をめぐって
一人が二人、二人が一人―宮沢賢治の詩のふしぎな現象
宮沢賢治の詩における「鳥」たち
宮沢賢治夢を生きた詩人
「なめとこ山の熊」と「オツベルと象」
童話にみる狂気―賢治作品の場合
書簡言語の特性―宮沢賢治の一書簡をめぐって
宮沢賢治の字体の魅力
宮沢賢治のかぎりない世界〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可