時代小説盛衰史

大村 彦次郎

中里介山から司馬遼太郎の登場まで。時代小説の栄枯盛衰を豊富なエピソードで描ききった一千枚の力作。多くの名作傑作誕生秘話が静かに心を動かす好著。

時代小説盛衰史
  • シリーズ:単行本
  • 3,190円(税込)
  • Cコード:0090
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2005/11/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:536
  • ISBN:4-480-82357-3
  • JANコード:9784480823571
大村 彦次郎
大村 彦次郎

オオムラ ヒコジロウ

1933年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部・文学部卒業後、講談社入社。「小説現代」「群像」編集長を経て、文芸出版部長、文芸局長、取締役を務める。著書に『文壇うたかた物語』『文壇栄華物語』『文壇挽歌物語』『ある文藝編集者の一生』『文士の生きかた』『時代小説盛衰史』『文士のいる風景』『万太郎 松太郎 正太郎』(いずれも筑摩書房)。『文壇栄華物語』は第18回新田次郎文学賞、『時代小説盛衰史』は第41回長谷川伸賞、第19回大衆文学研究賞を受賞。

この本の内容

中里介山「大菩薩峠」から司馬遼太郎の登場まで。五十年にわたる時代小説の栄枯盛衰を、豊富なエピソードと独特の記述で描ききった一千枚の力作!作品を超える作者の人間的魅力、名作が生まれるまでの意外なプロセス、挿画家の大きな役割、編集者の苦労…名作、傑作を生み出したさまざまな話が静かに心を動かす好著。

この本の目次

野間清治が『講談倶楽部』を創刊する
「講談師問題」が起こる
都新聞社の雑報記者たち
伊藤みはると平山蘆江
大逆事件と中里介山
「大菩薩峠」の連載が始まる
岡本綺堂と「半七捕物帳」
演芸記者の長谷川伸
報知の逸材野村胡堂
川柳作者吉川雉子郎〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可