緑の影、白い鯨

レイ・ブラッドベリ 著 , 川本 三郎 翻訳

緑の島アイルランドを舞台に
繰り広げられる自伝的長編小説

緑の島アイルランドを舞台に、破天荒な映画監督J・ヒューストンに、そして「白鯨」に翻弄されたブラッドベリの若き日々を描いた自伝的長編小説。

緑の影、白い鯨
  • シリーズ:単行本
  • 3,850円(税込)
  • Cコード:0098
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2007/10/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:456
  • ISBN:978-4-480-83186-6
  • JANコード:9784480831866
レイ・ブラッドベリ
レイ・ブラッドベリ

ブラッドベリ,レイ

1920年アメリカ、イリノイ州生まれ。作家。詩人。高校卒業後、街頭新聞売りのかたわら独力で『フューチュリア・ファンタジア』を発行。パルプ・ マガジンに短篇を発表したのち、1947年に短篇集『ダークカーニバル』を刊行。続いて1950年に『火星年代記』を、1953年には『華氏451度』を刊行し、名声を得る。『たんぽぽのお酒』『何かが道をやってくる』ほか、著書多数。

川本 三郎
川本 三郎

カワモト サブロウ

1944年、東京生まれ。東京大学法学部卒。映画、文学、都市を中心に評論活動を行っている。『大正幻影』で、サントリー学芸賞、『荷風と東京』で読売文学賞、『林芙美子の昭和』で桑原武夫学芸賞、毎日出版文化賞を受賞。著書に『今ひとたびの戦後日本映画』『荷風好日』『向田邦子と昭和の東京』『銀幕風景』など。

著者からのメッセージ

愉快なアイルランド人たちと、ジョン・ヒューストン「白鯨」[全文を読む]

この本の内容

破天荒な映画監督J・ヒューストンに、そして「白鯨」に翻弄された若き日のブラッドベリ。緑の島アイルランドを舞台に繰り広げられる自伝的長編小説。

読者の感想

2007.12.20 もらん

素晴しきかなアイルランド

著者が愛するアイルランドの思い出が長編となって益々味わいを増している。個性的な登場人物や、印象的な老人の言葉に心踊りつつ拝読。自伝的ではあっても、いきいきとしたアイルランドの風が吹いて来るような一冊だった。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可