世界文学必勝法

清水 義範

世界文学はすごい!
webちくまの人気連載を単行本化

世界文学の名作50編をパスティーシュ作家が楽しく紹介する。この一冊を読むだけで、いつのまにか世界文学の知識と流れが身につく。巻末にプラス50編を附す。

世界文学必勝法
  • シリーズ:単行本
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0090
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2008/07/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-83906-0
  • JANコード:9784480839060
清水 義範
清水 義範

シミズ ヨシノリ

1947年名古屋生まれ。愛知教育大学卒業。『蕎麦ときしめん』『永遠のジャック&ベティ』などでパスティーシュの手法を用いて話題になる。1988年『国語入試問題必勝法』で吉川英治文学新人賞を受賞。その後もパスティーシュ作品を数多く発表。主著に『おもしろくても理科』『アキレスと亀』『飛びすぎる教室』『冬至祭』『ドン・キホーテの末裔』『早わかり世界の文学』『行儀よくしろ。』など多数。

著者からのメッセージ

ついに『カラキョー』を読んだぞ??あとがきのあとがき[全文を読む]

この本の内容

世界文学の名作50篇を解説。これ1冊がコンパクトな文学全集に。巻末に+50篇を挙げ、全100篇を網羅。

この本の目次

第1章 古代の文学(『ギルガメシュ叙事詩』(古代メソポタミア、紀元前二六〇〇年頃)
ホメーロス『オデュッセイア』(古代ギリシア、紀元前八‐紀元前六世紀) ほか)
第2章 中世から十八世紀の文学(シェイクスピア『ハムレット』(イギリス、一六〇〇‐〇一年)
セルバンテス『ドン・キホーテ』(スペイン、一六〇五年) ほか)
第3章 十九世紀の文学(オースティン『自負と偏見』(イギリス、一八一三年)
マンゾーニ『いいなづけ』(イタリア、一八二五‐二七年) ほか)
第4章 二十世紀前半の文学(チェーホフ『桜の園』『可愛い女』『犬を連れた奥さん』(ロシア、一九〇四、九九年)
カフカ『変身』(チェコ、一九一五年) ほか)
第5章 現代の文学(グリーン『事件の核心』(イギリス、一九四八年)
ゴールディング『蝿の王』(イギリス、一九五四年) ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可