清貧の生きかた

中野 孝次 編集

物や金を持って、そのむなしさを感じたときに生まれてくる「清貧の思想」。生活を簡素化し、こころの世界をぜいたくにして生きる先人たちに学ぶ。[R]◎こころの本

清貧の生きかた
  • シリーズ:単行本
  • 1,388円(税込)
  • Cコード:0010
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1993/08/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B6判
  • ページ数:200
  • ISBN:4-480-84229-2
  • JANコード:9784480842299

この本の内容

物や金を持って、そのむなしさを感じたときに生まれてくる「清貧の思想」。生活を簡素化し、こころの世界をぜいたくにして生きる先人たちに学ぶアンソロジー。

この本の目次

1 内面への旅―俗を離れて(その先生の心田 水上勉
真実の自己を求めて―捨 坂村真民
清貧との出会い 小崎登明)
2 自然との共生(森の世界 高橋延清
木のはなし 志村ふくみ
崩れ 幸田文
自然の遊行者 今西錦司
五つの根 山尾三省
洟をたらした神 吉野せい)
3 古典に学ぶ―清貧の系譜(本阿弥行状記 空中斎光甫
方丈記 鴨長明
徒然草 吉田兼好
良寛禅師奇話 解良栄重)
4 清貧に生きる(ゼイタク論 三木卓
酒屋へ三里、豆腐屋へ二里 安岡章太郎
貧乏論 鈴木大拙
失われた時を求めて 中村達也)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可