ディスカバー・マインド!  ─哲学の挑戦

ジョン・R・サール 著 , 宮原 勇 翻訳

「心」はコンピュータではない

コンピュータは心を持ちえるのか。本書は、それが可能とする説を徹底批判。意識や心はあくまで生命現象と主張して斯界を驚愕させたアメリカ哲学界第一人者の書。

ディスカバー・マインド!  ─哲学の挑戦
  • シリーズ:単行本
  • 3,080円(税込)
  • Cコード:0010
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2008/03/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:416
  • ISBN:978-4-480-84279-4
  • JANコード:9784480842794
ジョン・R・サール
ジョン・R・サール

サール,ジョン・R

1932年生まれ。アメリカの哲学者。ウィスコンシン大学に入学後、オクスフォード大学にて学士、修士、博士号を取得。帰国後、カリフォルニア大学バークレー校の助教授となり、のちに同校教授。言語哲学を出発点として、心の哲学に関心を広げ、生物学的自然主義の立場からさまざまな論争を繰り広げる。2000年、ジャン・ニコ賞を受賞。2004年、米国人文科学勲章を受章。おもな邦訳書に、『言語行為』『志向性』『意識の神秘』などがある。

この本の内容

はたして「心」を持ったロボットは作れるのか?この幻想を徹底して打ち砕き、人工知能プロジェクトの愚かしさを暴き出す。哲学者ジョン・サールの挑戦。

この本の目次

第1章 心の哲学はなにが間違っているのだろうか
第2章 唯物論の最近の歴史―同じ誤りをくりかえす
第3章 呪縛を断つ―シリコンの脳・意識をもつロボット・他者の心
第4章 自然の内部での意識の位置
第5章 還元主義と意識の還元不可能性
第6章 意識の構造―入門的考察
第7章 無意識とは何か、そして意識とどう関係しているのか
第8章 意識、志向性、「背景」
第9章 認知理性批判
第10章 心の哲学にとっての本来の研究

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可