親鸞聖人七百五十回御遠忌記念論集[上巻] 『教行信証』の思想

大谷大学真宗総合研究所 編集

親鸞思想の核心

末法の世に著された親鸞の主著『教行信証』。そこには如何なる思想が結実しているのか。重要な四つの視座「念仏」「信心」「救い」「浄土」から、親鸞の仏道に迫る。

親鸞聖人七百五十回御遠忌記念論集[上巻] 『教行信証』の思想
  • シリーズ:単行本
  • 4,180円(税込)
  • Cコード:0015
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/08/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-84721-8
  • JANコード:9784480847218

この本の内容

明治以降、『歎異抄』が広く開放されたことにより一般的親鸞像が形成されてきた。しかし『教行信証』の思想に基づく親鸞は十分に理解されているとは言いがたい。上巻では、前半を思想編として、親鸞教学の根幹に触れる諸問題を取り上げ、後半を課題編として、親鸞教学のアクチュアルな諸課題に焦点を当て、『教行信証』に基づいた親鸞像を「再構築」する。末法の世に著された親鸞の主著には如何なる思想が結実しているのか。重要な四つの視座―「念仏」「信心」「救い」「浄土」から、親鸞の仏道に迫る。

この本の目次

巻頭論文 『歎異抄』から『教行信証』へ
『教行信証』への視座(念仏
信心
救い
浄土)
『教行信証』読解をめぐる問題(テクスト成立について
社会的背景について)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可