病いの戦後史 ─体験としての医療から

向井 承子

兄の結核死からガンで逝った父の死まで、家族たちの病いと死の体験を通して戦後の医療史を俯瞰する。大企業による医療のビジネス化など医療の現状を鋭く問う。

病いの戦後史 ─体験としての医療から
  • シリーズ:単行本
  • 1,644円(税込)
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1990/03/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-85536-X
  • JANコード:9784480855367

この本の目次

伝染病撲滅の光と影
健康幻想とクスリ産業
いのちを産む性の記録
慢性病の時代と長い老いの到来
病院化社会と見えない死

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可