「オウム現象」の解読

芹沢 俊介

「オウム真理教」をめぐる騒動から一歩さがってその社会現象としての本質を見きわめ、「イエスの方舟」以降の新宗教の流れをたどりつつ現代精神の解読を試みる。

「オウム現象」の解読
  • シリーズ:単行本
  • 2,420円(税込)
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1996/04/01
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:304
  • ISBN:4-480-85734-6
  • JANコード:9784480857347

この本の内容

「自分探し」としての新宗教1980‐1995。「イエスの方舟」「エホバの証人」「真理の友」「統一教会」「幸福の科学」、そして「オウム真理教」。これらの新宗教が指し示す「現代」とは何なのか。

この本の目次

序 「オウム現象」をめぐって
1 オウム真理教をどう考えるか(情報化された身体
ニューエイジとミーイズム
オウム現象と子どもたちのこころ
自分探しの旅の行方 ほか)
2 新宗教現象 1980‐1995(「イエスの方舟」の現象学
女性誘拐という主題
漂流について
死の行進―「エホバの証人」の輸血拒否事件 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可