実在とは何か ─量子力学に残された究極の問い

アダム・ベッカー 著 , 吉田 三知世 翻訳

量子論は「物質は実在しない」という。ではわれわれは存在するのだろうか? 名だたる科学者と哲学者たちが繰り広げてきた熱い論争の、知られざる展開を追う!

実在とは何か ─量子力学に残された究極の問い
  • シリーズ:単行本
  • 2,750円(税込)
  • Cコード:0042
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2021/08/31
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-86092-7
  • JANコード:9784480860927
アダム・ベッカー
アダム・ベッカー

アダム ベッカー

宇宙物理学のPh.Dをもつサイエンスライター。BBC、NPR、New Scientist、Scientific American などに寄稿。カリフォルニア大学バークレー校、科学技術史講座の客員研究員。

吉田 三知世
吉田 三知世

ヨシダ ミチヨ

京都大学理学部物理系卒業。英日・日英の翻訳を手がける。訳書にトゥロック『ここまでわかった宇宙の謎』、マンロー『ホワット・イフ?』、ダイソン『チューリングの大聖堂』、シュービン『あなたのなかの宇宙』、ボダニス『E=mc2』(共訳)、クラウス『ファインマンさんの流儀』などがある。

この本の内容

20世紀初頭に発見された量子力学は、世界の見方を根幹から変えた。ではそれはどんな世界なのか?その意味をめぐる議論は、「コペンハーゲン解釈」をもって正統とされる。しかしその解釈にはいくつもの問題がある。最大の謎は、世界を構成する基本物質、原子も電子も素粒子も「実在しない」という主張だ。アインシュタインはこれに猛然と異を唱え、ボーアと激しい論争を繰り広げた。曖昧な決着のまま、長らくこの問題は問うことすらタブーとされてきた。しかしいま、実在をめぐる論争は、物理学のみならず、哲学者、数学者、天文学者など各界の名だたる頭脳を巻き込んで、熱く燃えている。大いなる問い「実在とは何か」をめぐる熱い論争の100年をたどる知的エンターテインメント。

この本の目次

プロローグ 成し遂げられた不可能なこと
第1部 心を鎮めてくれる哲学(万物の尺度
どこか腐敗していたデンマークの固有状態
街なかの乱闘 ほか)
第2部 量子の反乱分子(流浪する物理学
別世界からやって来た!
科学の最も深遠な発見 ほか)
第3部 大いなる企て(表面下の実在
量子の春
コペンハーゲンVS.宇宙 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可