老いの歴史 ─古代からルネサンスまで

ジョルジュ・ミノワ 著 , 大野 朗子 翻訳 , 菅原 恵美子 翻訳

老人を〈長老〉として敬うことと、〈厄介者〉として軽んずること。この二つの態度は何によって左右されるのか。「不可能」とされてきた〈老いの歴史〉への果敢な挑戦。

老いの歴史 ─古代からルネサンスまで
  • シリーズ:単行本
  • 6,270円(税込)
  • Cコード:3022
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1996/06/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:448
  • ISBN:4-480-86100-9
  • JANコード:9784480861009

この本の内容

“長老”として敬われることと、“厄介者”として軽んじられること―老いに対する両極端な二つの態度は、いったい社会のどのような条件によって左右されるのか。古来人々は老いに対してどのような態度でのぞんできたのだろうか?「老いの歴史を書くことは不可能である」と言ったボーヴォワールへの果敢な挑戦。

この本の目次

第1章 古代オリエント―神話と歴史の間に位置する老人
第2章 ヘブライの世界―族長からただの老人へ
第3章 ギリシア世界―「哀しき老い」
第4章 ローマ世界―老人の偉大さと退廃
第5章 中世初期1―キリスト教文学における象徴としての老人
第6章 中世初期2―年齢への無関心
第7章 一一‐一三世紀―老いの社会的、文化的多様化
第8章 一四‐一五世紀―老人という社会層の確立
第9章 一六世紀1―老いを攻撃する人文主義者と宮廷人
第10章 一六世紀2―老人の本当の重み

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可