福祉国家から福祉社会へ ─福祉の思想と保障の原理

正村 公宏

介護保険、ゴールドプランなど、不安と疑問を抱えたままの福祉行政の今日。社会保障、社会福祉の原点を見なおし、21世紀の社会福祉はどうあるべきかを提言。

福祉国家から福祉社会へ ─福祉の思想と保障の原理
  • シリーズ:単行本
  • 2,860円(税込)
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2000/03/21
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:264
  • ISBN:4-480-86326-5
  • JANコード:9784480863263

この本の内容

社会保障・社会福祉は、すべての国民の「不安」の緩和を目的とする社会的共同事業である。本書は、目前の21世紀の社会福祉はどうあるべきか、制度体系の具体的な提言。

この本の目次

第1章 福祉国家の成立(福祉の意味
社会の福祉
福祉国家
社会民主主義)
第2章 社会保障の制度(社会保障の原理
社会保障の費用
老後保障の形態
社会保障と経済)
第3章 社会福祉の事業(社会サービス
「少子・高齢化」と社会福祉
ノーマライゼーション
バリアフリーの社会)
第4章 福祉社会の課題(福祉国家から福祉社会へ
国家の役割の見なおし
生活時間と生活空間
維持可能な社会)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可