経済復興 ─大震災から立ち上がる

岩田 規久男

どうなる?日本経済

2011年3月11日、東北・三陸沖をマグニチュード9.0の巨大地震が襲った。大津波と原発事故を伴う未曽有の災害から立ち上がるために必要な復興政策を緊急提言する。

経済復興 ─大震災から立ち上がる
  • シリーズ:単行本
  • 1,320円(税込)
  • Cコード:0033
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/05/12
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:176
  • ISBN:978-4-480-86412-3
  • JANコード:9784480864123
岩田 規久男
岩田 規久男

イワタ キクオ

1942生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学院単位取得満期退学。学習院大学経済学部教授など経て、2013年4月から5年間日銀副総裁を務める。学習院大学名誉教授。専門は、金融論・都市経済学。深く確かな理論に裏づけられた、幅ひろく鋭い現状分析と政策提言はつねに各界の注目を集めている。

この本の内容

二〇一一年三月一一日午後二時四六分、東北・三陸沖を震源とする国内観測史上最大のマグニチュード9.0の巨大地震が東北・関東を襲った。この東日本大震災は地震だけでなく、大津波と原発事故を伴い、人的・物的被害の大きさは戦後最悪のものとなった。だが、このような未曾有の危機にも、必死に立ち向かう人たちがいるのを知るにつけ、わたしたちはお互いに勇気付けられている。こうした状況を踏まえて、今後、数年にわたって取り組むべき「東日本大震災からの復興政策」をここに提言する。

この本の目次

第1章 復興のために何をするべきか(東日本大震災からの復興のための「緊急対策」
推定される直接被害額は一六兆円から二五兆円 ほか)
第2章 災害後の復興史―三大災害後の経済対策をふりかえる(関東大震災における復旧・復興のための財政政策と統制
戦後どのように復興したか ほか)
第3章 東日本大震災からの復興(復興のための街づくり
根本的改革迫られるエネルギー政策)
第4章 これからの財政金融政策(石橋財政は妥当な政策だった
高橋財政の日銀国債引き受けはハイパー・インフレをもたらさなかった ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可