ヒロシマに来た大統領 ─「核の現実」とオバマの理想

朝日新聞取材班

広島原爆投下から七一年。現職の米大統領が初めてこの地を訪問し、被爆者と対面した。「核なき世界」を目指すオバマ大統領を軸に、「核の現実」を多角的に描く。

ヒロシマに来た大統領 ─「核の現実」とオバマの理想
  • シリーズ:単行本
  • 1,540円(税込)
  • Cコード:0031
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2016/08/03
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-86447-5
  • JANコード:9784480864475

この本の内容

2016年5月27日、被爆地・広島を訪れたオバマ大統領は、原爆で、戦争で命を失った人々へ哀悼の意を捧げた。現職の米国大統領による広島訪問は初めてのことだった。歴史的なこの訪問は、いかにして実現したのか。そのとき被爆者は何を思い、何を感じたのか。オバマ大統領の「核なき世界」への願い、浮かび上がる「核の現実」。朝日新聞取材班が総力を結集して描き出す、第一級のドキュメント!広島スピーチ全文対訳収録。

この本の目次

プロローグ 新たな始まり
第1章 その日、広島で
第2章 広島への道―その理想と現実
第3章 被爆国・日本、原爆投下国・アメリカ
第4章 広島訪問、前夜
第5章 被爆者の思い
エピローグ 核兵器なき世界への遠い道のり
資料編

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可