政治的リベラリズム 増補版

ジョン・ロールズ 著 , 神島 裕子 翻訳 , 福間 聡 翻訳 , 川本 隆史 解説

多様な価値観により深く分断された社会で、私たちはどうすれば共に生きられるのか。『正義論』への批判に応え、自らの構想を刷新した、ロールズの理論的集大成!

政治的リベラリズム 増補版
  • シリーズ:単行本
  • 6,930円(税込)
  • Cコード:0010
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2022/01/11
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:704
  • ISBN:978-4-480-86737-7
  • JANコード:9784480867377

この本の内容

相対立する多様な世界観によって分断された人びとの間に、どうすれば正義にかなった安定的な社会を築くことができるだろうか―。本書は、現代世界に突きつけられたこの難問に、“公正としての正義”の構想をみずから修正し、答える試みである。“重なり合うコンセンサス”“公共的理性”“穏当な包括的世界観”といった鍵となる理念を駆使し、ロールズが提唱する「正義の政治的構想」とはいかなるものか。分野を超えて世界的なインパクトをもたらした『正義論』を刷新する後期ロールズの理論的集大成、ついに邦訳刊行!

この本の目次

第1部 政治的リベラリズム―基本的要素(基底的諸理念
市民の能力とその代表・再現
政治的構成主義)
第2部 政治的リベラリズム―三つの主要理念(重なり合うコンセンサスの理念
正の優先権と善の諸理念
公共的理性の理念)
第3部 制度的枠組み(主題としての基礎構造
基本的諸自由とそれらの優先権
ハーバーマスへの返答)
第4部 公共的理性の理念・再考(「公共的理性の理念・再考」への導入
公共的理性の理念・再考(1997))

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可