東京は、秋

荒木 経惟 著 , 荒木 陽子

下町生れ、下町育ちの二人が、身近な風景への愛着やこだわりを、夫の写真を眺めつつ語り合う。さりげない会話の中に見えてくる、もうひとつのいとしい〈東京〉。

東京は、秋
  • シリーズ:単行本
  • 2,420円(税込)
  • Cコード:0072
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1992/10/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六変判
  • ページ数:186
  • ISBN:4-480-87207-8
  • JANコード:9784480872074

この本の目次

街の染み・街のディテール
ボニータの女
看板と日本文字
モノに寄ってく
東京は、秋
ベタ光線
捜す人、発見の人
道のデコボコ
街のアート
真正面の文法
記録が壊されてる
東京ノスタルジプシー
サッシのある風景
ガウディ連れて来たいなあ
夕方になる前に写真やめる
公園の花見
「スカンクのブータレが喜びました」
行き止まり

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可