私写真論

飯沢 耕太郎

中平卓馬、深瀬昌久、荒木経惟、牛腸茂雄…彼ら自身の「生」となまなましく結びついた作品の本質をたどり、作家と表現との極限を探る、書き下ろし日本写真論。

私写真論
  • シリーズ:単行本
  • 2,860円(税込)
  • Cコード:0072
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2000/06/22
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-87614-6
  • JANコード:9784480876140

この本の内容

生の在り方となまなましくも分かちがたく結びついた表現の数々!苦痛も愉悦も放心もエクスタシーさえも…存在の根源的な謎を突きつけ、私たちを揺るがしてやまない「私写真」の本質とは何か。表現の深い淵をのぞく、書き下ろし日本写真論。

この本の目次

1 歴史と展開
2 写真家たち(中平卓馬―純粋写真家の隘路
深瀬昌久―“私”という病
荒木経惟―陽子と荒木たち
牛腸茂雄―他者としての“私”)
3 「私写真論」ふたたび

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可