近代の文章

分銅 惇作 編集 , 鈴木 醇爾 編集

文明開化から敗戦まで、日本近代の精神が歩んだ跡を、兆民、露伴、啄木など四十余篇の文章でたどる。先人たちのさまざまな表現の中に、彼らの志のありかを探る。

近代の文章
  • シリーズ:教科書関連
  • 1,210円(税込)
  • Cコード:7081
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1988/01/18
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-91707-1
  • JANコード:9784480917072

この本の内容

ことばが担いつたえる人間の重み―「時代」を生き、誠の情を抒べようとした、祖父母たちの営為を歩みなおそう。わたしたちの現在を探るために―志の表現史。文明開化から敗戦まで。

この本の目次

1 文明の庫―文明開化と言文一致(呉淞日記―岸田吟香
学問のすすめ―福沢諭吉 ほか)
2 性急な思想―近代化の光と影(武蔵野―国木田独歩
再び歌よみに与ふる書―正岡子規 ほか)
3 生の拡充―思想の多様性と表現の個性化(倦怠―永井荷風
刺青―谷崎潤一郎 ほか)
4 種まく人―新たな感性と思想(宣言一つ―有島武郎
種蒔き雑記―金子洋文 ほか)
5 文学のふるさと―戦争の嵐の中で(関東防空大演習を嗤う―桐生悠々
二・二六事件に就て―河合栄治郎 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可