高橋 敏
タカハシ サトシ

1940年静岡県生まれ。東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了。群馬大学教育学部教授、国立歴史民俗博物館教授、総合研究大学院大学教授を歴任。文学博士。専門は近世教育・社会史、アウトロー研究。著書:『日本民衆教育史研究』(未来社)、『国定忠治の時代』(ちくま文庫)、『江戸の教育力』(ちくま新書)、『江戸の訴訟』『清水次郎長』『一茶の相続争い』(岩波新書)、『清水次郎長と幕末維新』(岩波書店)、『幕末狂乱』(朝日選書)他多数。

検索結果

前のページへ戻る
5件1~5件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

博徒の幕末維新

高橋 敏 著 

黒船来航の動乱期、アウトローたちが歴史の表舞台に躍り出てくる。虚実を腑分けし、稗史を歴史の中に位置付けなおした記念碑的労作。解説 鹿島茂

ちくま学芸文庫  文庫判   256頁   刊行日 2018/06/07  ISBN 978-4-480-09874-0
JANコード 9784480098740

定価:本体1,000 円+税

在庫  ○

国定忠治の時代 ─読み書きと剣術

高橋 敏 著 

忠治が生きた幕末という大きな歴史の転換点を、民衆の読み書き能力や知的ネットワークといった社会史的視点から読み解いた意欲作。 <br /> 【解説: 青木美智男 】

ちくま文庫  文庫判   288頁   刊行日 2012/12/10  ISBN 978-4-480-43014-4
JANコード 9784480430144

定価:本体1,000 円+税

江戸の教育力

高橋 敏 著 

江戸の教育は社会に出て困らないための、「一人前」になるための教育だった! 文字教育と非文字教育が一体化した寺子屋教育の実像を第一人者が掘り起こす。

ちくま新書  新書判   208頁   刊行日 2007/12/05  ISBN 978-4-480-06398-4
JANコード 9784480063984

定価:本体760 円+税

在庫  ○

博徒の幕末維新

高橋 敏 著 

黒船来航後の動乱期、歴史の表に躍り出てきたアウトローたち。彼らの明暗を分けたのは何か。竹居安五郎、黒駒勝蔵らを歴史の中に位置付けなおす記念碑的作品。

ちくま新書  新書判   256頁   刊行日 2004/02/05  ISBN 4-480-06154-1
JANコード 9784480061546

定価:本体740 円+税

江戸村方騒動顛末記

高橋 敏 著 

江戸後期、彦根藩世田谷領宇奈根村では五〇年、三代にわたって村方騒動が繰り広げられた。古文書を読み解き「ものをいう百姓」たちの実像を浮き彫りにする。

ちくま新書  新書判   208頁   刊行日 2001/10/18  ISBN 4-480-05913-X
JANコード 9784480059130

定価:本体680 円+税

  • 1