坂野 潤治
バンノ ジュンジ

1937年神奈川県生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。同大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学社会科学研究所教授、千葉大学法経学部教授を経て、現在は東京大学名誉教授。専攻は、日本近代政治史。著書に『昭和史の決定的瞬間』『未完の明治維新』(以上、ちくま新書)、『近代日本の国家構想』(岩波現代文庫、吉野作造賞受賞)、『日本憲政史』(東京大学出版会、角川源義賞受賞)、『明治国家の終焉』(ちくま学芸文庫)、『近代日本の出発』(新人物文庫)、『自由と平等の昭和史』(講談社選書メチエ)、『近代日本政治史』(岩波書店)、『明治デモクラシー』(岩波新書)、『明治憲法体制の確立』(東京大学出版会)など多数。

検索結果

前のページへ戻る
6件1~6件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

帝国と立憲 ─日中戦争はなぜ防げなかったのか

坂野 潤治 著 

日本の近代は、国内の民主化と対外侵略が矛盾なく進展した時代とみなされる。だがそれは本当か。日中戦争が回避できなかった真の理由を六〇年の歩みから考える。

単行本  四六判   272頁   刊行日 2017/07/20  ISBN 978-4-480-85809-2
JANコード 9784480858092

定価:本体1,700 円+税

在庫  ○

近代日本とアジア ─明治・思想の実像

坂野 潤治 著 

近代日本外交は、脱亜論とアジア主義の対立構図により描かれてきた。そうした理解が虚像であることを精緻な史料読解で暴いた記念碑的論考。 <br /> 【解説: 苅部直 】

ちくま学芸文庫  文庫判   224頁   刊行日 2013/10/09  ISBN 978-4-480-09576-3
JANコード 9784480095763

定価:本体1,000 円+税

在庫  ○

日本近代史

坂野 潤治 著 

この国が革命に成功し、わずか数十年でめざましい近代化を実現しながら、やがて崩壊へと突き進まざるをえなかったのはなぜか。激動の八〇年を通観し、捉えなおす。

ちくま新書  新書判   464頁   刊行日 2012/03/05  ISBN 978-4-480-06642-8
JANコード 9784480066428

定価:本体1,100 円+税

在庫  ○

明治国家の終焉 ─一九〇〇年体制の崩壊

坂野 潤治 著 

日露戦争後の財政危機が官僚閥と議会第一党の協調による「一九〇〇年体制」を崩壊させた。戦争を招いた二大政党制の迷走の歴史を辿る。 <br /> 【解説: 空井護 】

ちくま学芸文庫  文庫判   272頁   刊行日 2010/06/09  ISBN 978-4-480-09296-0
JANコード 9784480092960

定価:本体1,000 円+税

未完の明治維新

坂野 潤治 著 

明治維新は〈富国・強兵・立憲主義・議会論〉の四つの目標が交錯した「武士の革命」だった。それは、どう実現されたのだろうか。史料で読みとく明治維新の新たな実像。

ちくま新書  新書判   256頁   刊行日 2007/03/05  ISBN 978-4-480-06353-3
JANコード 9784480063533

定価:本体820 円+税

在庫  ○

昭和史の決定的瞬間

坂野 潤治 著 

日中戦争は軍国主義の後ではなく、改革の途中で始まった。生活改善の要求は、なぜ反戦の意思と結びつかなかったのか。日本の運命を変えた二年間の真相を追う。

ちくま新書  新書判   224頁   刊行日 2004/02/05  ISBN 978-4-480-06157-7
JANコード 9784480061577

定価:本体760 円+税

在庫  問合せ

  • 1