石原 千秋
イシハラ チアキ

一九五五年東京都生まれ。成城大学大学院文学研究科博士課程後期中退。東横学園女子短期大学助教授、成城大学教授を経て、現在、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。専攻は日本近代文学。夏目漱石から村上春樹までテクスト分析による斬新な読解を提供しつつ、国語教育への問題提起も果敢に行っている。著書に『漱石と三人の読者』(講談社現代新書)、『漱石はどう読まれてきたか』『秘伝中学入試国語読解法』(いずれも新潮選書)、『謎とき 村上春樹』(光文社新書)、『『こころ』大人になれなかった先生』(みすず書房)、『読者はどこにいるのか』(河出ブックス)、『小説入門のための高校入試国語』(NHKブックス)、『教養としての大学受験国語』『大学受験のための小説講義』『国語教科書の思想』『国語教科書の中の「日本」』『大学生の論文執筆法』(いずれもちくま新書)ほか。

検索結果

前のページへ戻る
11件1~11件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

打倒!センター試験の現代文

石原 千秋 著 

すべての受験生におくる、石原流・読解テクニックの集大成。3年分の過去問演習に臨み、まぎらわしい選択肢を見極める力をつけよう。この一冊で対策は万全!

ちくまプリマー新書  新書判   192頁   刊行日 2014/07/07  ISBN 978-4-480-68919-1
JANコード 9784480689191

定価:本体780 円+税

在庫  ○

社会と自分 ─漱石自選講演集

夏目 漱石 著  石原 千秋 解説 

漱石自ら精選した六篇の講演に「私の個人主義」を併録。創造的な生を若者に呼びかけた力強い言葉が胸を揺さぶる、今あらためて読みたい名講演集。

ちくま学芸文庫  文庫判   384頁   刊行日 2014/01/08  ISBN 978-4-480-09597-8
JANコード 9784480095978

定価:本体950 円+税

近代という教養 ─文学が背負った課題

石原 千秋 著 

日本の文学にとって近代とは何だったのか? 文学が背負わされた重い課題を捉えなおし、現在にも生きる「教養」の源泉を、時代との格闘の跡にたどる。

筑摩選書  四六判   272頁   刊行日 2013/01/15  ISBN 978-4-480-01565-5
JANコード 9784480015655

定価:本体1,600 円+税

在庫  ○

国語教科書の中の「日本」

石原 千秋 著 

「グローバル化」と「伝統」の間で転換期を迎える国語教育は、日本という感性を押し付ける教育装置になっていないか? 小中学校の教科書をテクストに検証する。

ちくま新書  新書判   256頁   刊行日 2009/09/07  ISBN 978-4-480-06512-4
JANコード 9784480065124

定価:本体760 円+税

ケータイ小説は文学か

石原 千秋 著 

ケータイ小説を大胆にも文学として認め、その構造を徹底分析。小説の「読み」「書き」に起こる異変を解きあかし、現代文学の新しい境地を見出す刺激的アプローチ。

ちくまプリマー新書  新書判   128頁   刊行日 2008/06/09  ISBN 978-4-480-68785-2
JANコード 9784480687852

定価:本体680 円+税

未来形の読書術

石原 千秋 著 

私たちは、なぜ本を読むのだろう。「読めばわかる」というレベルを超えて、世界の果てまで「自分」を追いかけていく、めまいがしそうな試みこそ、読書の楽しみだ。

ちくまプリマー新書  新書判   160頁   刊行日 2007/07/09  ISBN 978-4-480-68764-7
JANコード 9784480687647

定価:本体740 円+税

在庫  ○

大学生の論文執筆法

石原 千秋 著 

大学での授業の受け方から、大学院レベルでの研究報告や社会に出てからの書き方まで含め、執筆法の秘伝を公開する。近年の学問的潮流も視野に入れた新しい入門書。

ちくま新書  新書判   256頁   刊行日 2006/06/05  ISBN 978-4-480-06310-6
JANコード 9784480063106

定価:本体820 円+税

在庫  ○

国語教科書の思想

石原 千秋 著 

「読解力低下」が問題視される昨今、国語教育の現場では何が行なわれているのか? 小・中学校の教科書をテクストに、国語教科書が隠し持つイデオロギーを暴く。

ちくま新書  新書判   208頁   刊行日 2005/10/04  ISBN 978-4-480-06270-3
JANコード 9784480062703

定価:本体720 円+税

テクストはまちがわない ─小説と読者の仕事

石原 千秋 著 

読者は小説を読むとき常に解釈をしている。が、目の前の本文は動かぬテクストとしてあり、もはや作者はいない。漱石からばななまで、縦横無尽な構造分析の試み。

単行本  A5判   400頁   刊行日 2004/03/08  ISBN 4-480-82354-9
JANコード 9784480823540

定価:本体4,300 円+税

大学受験のための小説講義

石原 千秋 著 

「大学入試センター試験」に必ず出る小説問題。これを解くには学校では教えてくれない技術が必要だ! 国公立二次試験にもバッチリ使える教養としての小説入門。

ちくま新書  新書判   320頁   刊行日 2002/10/17  ISBN 978-4-480-05971-0
JANコード 9784480059710

定価:本体940 円+税

在庫  ○

教養としての大学受験国語

石原 千秋 著 

日本語なのにお手上げの評論読解問題。その論述の方法を、実例に即し徹底解剖。アテモノを脱却し上級の教養をめざす、受験生と社会人のための思考の遠近法指南。

ちくま新書  新書判   304頁   刊行日 2000/07/18  ISBN 978-4-480-05853-9
JANコード 9784480058539

定価:本体900 円+税

在庫  ○

  • 1