矢野 誠一
ヤノ セイイチ

1935年、東京生まれ。文化学院卒。62年?68年、八代文楽、六代円生、五代小さんらの噺家をあつめた「精選落語会」を企画、成功させる。演劇・演藝評論、評伝、エッセイ等を執筆。著書に「女興行師 吉本せい」(ちくま文庫)、「志ん生のいる風景」(青蛙房)、「三遊亭圓朝の明治」(文春新書)、「エノケン・ロッパの時代」(岩波新書)、「二枚目の疵 長谷川一夫の春夏秋冬」(文藝春秋)、「都新聞藝能資料集成 大正編」「同 昭和編(上)」(白水社)ほか多数。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

新版 女興行師 吉本せい ─浪花演藝史譚

矢野 誠一 著 

大正以降、大阪演芸界を席巻した名プロデューサーにして吉本興業の創立者。NHK朝ドラ『わろてんか』のモデルとなった吉本せいの生涯を描く。

ちくま文庫  文庫判   288頁   刊行日 2017/09/06  ISBN 978-4-480-43471-5
JANコード 9784480434715

定価:本体680 円+税

在庫  ○

戸板康二の歳月

矢野 誠一 著 

久保田万太郎、折口信夫、福田恆存、芥川比呂志……著者が唯一「先生」と呼ぶ戸板康二と、昭和の文人たちとの交流を描く。 <br /> 【解説: 利根川裕 】

ちくま文庫  文庫判   368頁   刊行日 2008/09/10  ISBN 978-4-480-42472-3
JANコード 9784480424723

定価:本体880 円+税

女興行師 吉本せい 浪花演藝史譚 ─浪花演藝史譚

矢野 誠一 著 

現在の吉本興業の基礎を築いた稀代の名プロデューサー・吉本せいの生涯をたどりつつ、大阪芸人の姿と演芸の栄枯盛衰を描く。 <br /> 【解説: 小幡欣治 】

ちくま文庫  文庫判   288頁   刊行日 2005/03/09  ISBN 4-480-42076-2
JANコード 9784480420763

定価:本体720 円+税

  • 1