水村 美苗
ミズムラ ミナエ

東京生まれ。12歳で渡米。イェール大学卒、仏文専攻。同大学院修了後、帰国。のち、プリンストン大学などで日本近代文学を教える。1990年『續明暗』を刊行し芸術選奨新人賞、95年に『私小説 from left to right』で野間文芸新人賞、2002年『本格小説』で読売文学賞、08年『日本語が亡びるとき――英語の世紀の中で』で小林秀雄賞、12年『母の遺産――新聞小説』で大佛次郎賞を受賞。その他の作品に『日本語で書くということ』『日本語で読むということ』、辻邦生氏との往復書簡『手紙、栞を添えて』がある。

検索結果

前のページへ戻る
7件1~7件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

増補 日本語が亡びるとき ─英語の世紀の中で

水村 美苗 著 

明治以来豊かな近代文学を生み出してきた日本語が、いま、大きな岐路に立っている。我々にとって言語とは何なのか。小林秀雄賞受賞作に大幅増補。

ちくま文庫  文庫判   464頁   刊行日 2015/04/08  ISBN 978-4-480-43266-7
JANコード 9784480432667

定価:本体880 円+税

在庫  ○

手紙、栞を添えて

辻 邦生 著  水村 美苗 著 

若かりしころの読書体験の話題は、いつしか文学の本質をめぐる議論に……。知性とユーモアにあふれた往復書簡集が、読書の愉楽へといざなう。

ちくま文庫  文庫判   272頁   刊行日 2009/12/09  ISBN 978-4-480-42647-5
JANコード 9784480426475

定価:本体740 円+税

続 明暗

水村 美苗 著 

もし、あの『明暗』が書き継がれていたとしたら…。漱石の文体そのままに、気鋭の作家が挑んだ話題作。芸術選奨新人賞受賞。

ちくま文庫  文庫判   432頁   刊行日 2009/06/10  ISBN 978-4-480-42609-3
JANコード 9784480426093

定価:本体840 円+税

在庫  ○

日本語で読むということ

水村 美苗 著 

『日本語が亡びるとき』は、なぜ書かれることになったのか?――そんな関心にもおのずから応える、読書や思い出や自分の本にまつわるエッセイを集成。

単行本  四六判   256頁   刊行日 2009/04/20  ISBN 978-4-480-81501-9
JANコード 9784480815019

定価:本体1,600 円+税

在庫  ○

日本語で書くということ

水村 美苗 著 

『日本語が亡びるとき』は、なぜ書かれることになったのか?――そんな関心にもおのずから応える、書くことへの希望や日本近代文学についてのエッセイ&評論。

単行本  四六判   232頁   刊行日 2009/04/20  ISBN 978-4-480-81502-6
JANコード 9784480815026

定価:本体1,600 円+税

在庫  ○

私小説 from left to right

水村 美苗 著 

12歳で渡米し滞在20年目を迎えた「美苗」。アメリカにも溶け込めず、今の日本にも違和感を覚え…。本邦初の横書きバイリンガル小説。

ちくま文庫  文庫判   464頁   刊行日 2009/03/10  ISBN 978-4-480-42585-0
JANコード 9784480425850

定価:本体880 円+税

在庫  ○

日本語が亡びるとき  ─英語の世紀の中で

水村 美苗 著 

豊かな国民文学を生み出してきた日本語が、「英語の世紀」の中で「亡びる」とはどういうことか? 日本語をめぐる認識の根底を深く揺り動かす書き下ろし問題作!

単行本  四六判   336頁   刊行日 2008/11/05  ISBN 978-4-480-81496-8
JANコード 9784480814968

定価:本体1,800 円+税

在庫  ○

  • 1