岡本 隆司
オカモト タカシ

1965年生まれ。現在、京都府立大学文学部准教授。『近代中国と海関』『属国と自主のあいだ』(いずれも名古屋大学出版会、前者で大平正芳記念賞、後者でサントリー学芸賞を受賞)、『世界史のなかの日清韓関係史』『中国「反日」の源流』(いずれも講談社メチエ選書)、『李鴻章』(岩波新書)、『ラザフォード・オルコック』(ウェッジ選書)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

世界史序説 ─アジア史から一望する

岡本 隆司 著 

アジア史の観点から世界史を一望。そのとき「ヨーロッパの奇跡」「日本の近代化」はどう位置づけられるのか。西洋中心の歴史観を覆し「来るべき」世界史をえがく。

ちくま新書  新書判   272頁   刊行日 2018/07/05  ISBN 978-4-480-07155-2
JANコード 9784480071552

定価:本体860 円+税

在庫  ○

近代中国史

岡本 隆司 著 

中国とは何か? その原理を解く鍵は、近代史に隠されている。グローバル経済の奔流が渦巻きはじめた時代から、激動の歴史を構造的にとらえなおす。

ちくま新書  新書判   288頁   刊行日 2013/07/08  ISBN 978-4-480-06724-1
JANコード 9784480067241

定価:本体880 円+税

在庫  ○

  • 1