森村 進
モリムラ ススム

1955年、東京生まれ。東京大学法学部卒業。現在、一橋大学教授、日本法哲学会理事長。法学博士。専門は法哲学。主な著書に『自由はどこまで可能か』(講談社現代新書)、『権利と人格』(創文社)、『財産権の理論』(弘文堂)、『リバタリアンはこう考える』(信山社)など、翻訳にデレク・パーフィット『理由と人格』(勁草書房)など多数。

検索結果

前のページへ戻る
4件1~4件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

幸福とは何か ─思考実験で学ぶ倫理学入門

森村 進 著 

幸福とは何か。私たちは何のために生きているのか――誰もが一度は心をつかまれるこの問題を、たくさんの思考実験を通して考えよう。思考力を鍛える倫理学入門。

ちくまプリマー新書  新書判   240頁   刊行日 2018/09/05  ISBN 978-4-480-68329-8
JANコード 9784480683298

定価:本体860 円+税

在庫  ○

ハーバート・スペンサー コレクション

ハーバート・スペンサー 著  森村 進 編訳 

自由はどこまで守られるべきか。リバタリアニズムを代表する思想家の理論の核が凝縮された論考を精選し、平明な新訳で送る、文庫オリジナル編纂。

ちくま学芸文庫  文庫判   480頁   刊行日 2017/12/06  ISBN 978-4-480-09834-4
JANコード 9784480098344

定価:本体1,400 円+税

在庫  ○

法哲学講義

森村 進 著 

法哲学とは、法と法学の諸問題を根本的・原理的レベルから考察する学問である。多領域と交錯するこの学を、第一人者が法概念論を中心に解説。全法学徒必読の書。

筑摩選書  四六判   336頁   刊行日 2015/02/12  ISBN 978-4-480-01615-7
JANコード 9784480016157

定価:本体1,700 円+税

在庫  ○

神なき宗教 ─「自由」と「平等」をいかに守るか

ロナルド・ドゥオーキン 著  森村 進 翻訳 

熱心な信仰者から無神論者まで、さまざまな信念を抱く人々に法は平等な裁きを下し、その自由を保障することができるのか? 20世紀最大の法哲学者、渾身の遺作。

単行本  四六判   224頁   刊行日 2014/10/23  ISBN 978-4-480-84725-6
JANコード 9784480847256

定価:本体2,100 円+税

在庫  ○

  • 1