美少女美術史 ─人々を惑わせる究極の美

池上 英洋 著 , 荒井 咲紀

幼く儚げな少女達。この世の美を結晶化させたその姿に人類のどのような理想と欲望の歴史が刻まれているのか。カラー多数、200点の図版から読む。

美少女美術史 ─人々を惑わせる究極の美
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0170
  • 整理番号:イ-55-4
  • 刊行日: 2017/06/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-09800-9
  • JANコード:9784480098009
池上 英洋
池上 英洋

イケガミ ヒデヒロ

1967年広島県生まれ。美術史家、東京造形大学教授。東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。著書に『Due Voltidell’Anamorfosi』(Clueb, イタリア)、『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(小学館)、『イタリア 24の都市の物語』(光文社)、『神のごときミケランジェロ』(新潮社)、『?失われた名画?の展覧会』(大和書房)、『西洋美術史入門』『西洋美術史入門〈実践編〉』『死と復活』『官能美術史』『残酷美術史』『美少年美術史』(筑摩書房)など。

荒井 咲紀
荒井 咲紀

アライ サキ

ライター。國學院大學大学院博士前期課程修了(西洋美術史専攻)。著書に『西洋美術入門 絵画の見かた』『いちばん親切な西洋美術史』(共著、新星出版社)、『[名画]と読む危険な美女』(共著、PHPエディターズ・グループ)、『モネと印象派』『ギリシア・ローマ神話の世界』(共著、洋泉社)など。

この本の内容

この世でもっとも純粋で美しいもの―それは愛らしい少女たちの姿。なぜ、彼女たちは時代によって、エロスを漂わせた存在として表現されたり、性をそぎ落とされたけがれない姿で描かれたりと、変貌をくり返してきたのか?そこには人間のどのような理想と欲望が映し出されているのか?あらゆる女性の理想とされたあどけない聖母マリアから、突如挑発的な姿を露わにし始める現代の少女たちまで、200点の名画の裏に隠されたメッセージを読み解く。色鮮やかな図版が誘う究極の美の世界。

この本の目次

第1章 美少女美術の黄金時代
第2章 神話世界の美少女
第3章 キリスト教と美少女
第4章 美少女の復活
第5章 「美少女」の誕生
第6章 印象派と世紀末の美少女

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可