終わりなき対話 2 限界−経験

モーリス・ブランショ 著 , 湯浅 博雄 著 , 岩野 卓司 翻訳 , 上田 和彦 翻訳 , 大森 晋輔 翻訳 , 西山 達也 翻訳 , 西山 雄二 翻訳

言語活動が指し示すのはいかなる意味なのか──白眉のニーチェ論を転回点にヘラクレイトスからバタイユへ。哲学と文学を架橋し、意味の極北を探る渾身の第二部。

終わりなき対話 2 限界−経験
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体5,900円+税
  • Cコード:0098
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2017/06/15
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:496
  • ISBN:978-4-480-77552-8
  • JANコード:9784480775528
モーリス・ブランショ
モーリス・ブランショ

ブランショ,モーリス

Maurice Blanchot 1907-2003年。20世紀フランス最大の作家・批評家。極右機関誌「コンバ」にて文筆活動を開始するが、のち、非共産主義的左翼批評家・作家とも交流するようになる。『明かしえぬ共同体』『終わりなき対話』『アミナダブ』など、現代思想を語る際に欠かせない著作を多数遺した。

湯浅 博雄
湯浅 博雄

ユアサ ヒロオ

1947年香川県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科仏文学専攻博士課程単位取得。パリ第3大学大学院に留学。東京大学大学院総合文化研究科・教養学部教授を経て、現在は同名誉教授。著書に『ランボー論──〈新しい韻文詩〉から〈地獄の一季節〉へ』、『バタイユ──消尽』、『応答する呼びかけ──言葉の文学的次元から他者関係の次元へ』、訳書にバタイユ『宗教の理論』、ドゥルーズ『ニーチェ』、デリダ『パッション』等。

岩野 卓司
岩野 卓司

イワノ タクジ

1959年埼玉県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。パリ第4大学大学院博士課程修了。現在、明治大学法学部・教養デザイン研究科教授。著書に『ジョルジュ・バタイユ──神秘経験をめぐる思想の限界と新たな可能性』、『贈与の哲学──ジャン=リュック・マリオンの思想』、編著に『語りのポリティクス』、『他者のトポロジー』、『共にあることの哲学』、訳書にデリダ『そのたびごとにただ一つ、世界の終焉』(共訳)、オリエ『ジョルジュ・バタイユの反建築』(共訳)等。

上田 和彦
上田 和彦

ウエダ カズヒコ

1964年熊本生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科仏語仏文学博士課程修了。ストラスブール人文科学大学大学院に留学。現在は関西学院法学部教授。著書に『レヴィナスとブランショ──〈他者〉を揺るがす中性的なもの』、訳書にナンシー『映画の明らかさ──アッバス・キアロスタミ』、ビダン『モーリス・ブランショ──不可視のパートナー』(共訳)等。

大森 晋輔
大森 晋輔

オオモリ シンスケ

1975年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程単位取得退学。現在、東京藝術大学音楽学部准教授。著書に『ピエール・クロソウスキー──伝達のドラマトゥルギー』、訳書にクロソウスキー『かくも不吉な欲望』(共訳)、ペータース『デリダ伝』(共訳)等。

西山 達也
西山 達也

ニシヤマ タツヤ

1976年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得満期退学。ストラスブール大学大学院博士課程修了。現在、早稲田大学文学学術院准教授。論文に「「すべてはリズムである」:思弁的翻訳論への序説」、訳書にハイデガー/ラクー=ラバルト『貧しさ』、サリス『翻訳について』、等。

西山 雄二
西山 雄二

ニシヤマ ユウジ

1971年、愛媛県生まれ。一橋大学言語社会研究科博士課程を修了、東京大学大学院総合文化研究科特任講師を経て、現在、首都大学東京人文科学研究科准教授。著書に『異議申し立てとしての文学』、『哲学への権利』、編著に『カタストロフィと人文学』、『終わりなきデリダ』、訳書に、ジャック・デリダ『獣と主権者』『哲学への権利』『条件なき大学』『名を救う』『嘘の歴史 序説』等。

この本の内容

意味と決別せよ。ニーチェ論を転回点にヘラクレイトスからバタイユへ、哲学と文学を架橋し、意味の極北を探る渾身の第二部。

この本の目次

ヘラクレイトス
尺度、嘆願者
悲劇的思考
断言(欲望、不幸)
破壊できないもの
ニヒリズムについての考察
地獄についての考察
忘却、非理性
限界‐経験
分析の言葉
日常の言葉
無神論とエクリチュール、人間主義と叫び
時代の変化について―回帰の要請

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可