とりつくしま

東 直子

あなたは何に「とりつき」ますか?
webちくまの人気連載を単行本化

死んで心残りがある人は、この世の何かを「とりつくしま」にできる。妻は夫のマグカップに、母は息子のロージンに。切なくてちょっぴり苦い、不思議な10の物語。

とりつくしま
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0093
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2007/05/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-80407-5
  • JANコード:9784480804075
東 直子
東 直子

ヒガシ ナオコ

1963年広島生まれ。歌人、小説家。絵本や童話、イラストレーションも手がける。「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞、『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞を受賞。歌集に『十階』、小説に『水銀灯が消えるまで』『とりつくしま』『さようなら窓』『薬屋のタバサ』『晴れ女の耳』、エッセイ集に『短歌の不思議』など。穂村弘との共著に『回転ドアは、順番に』がある。

著者に関する情報

ホームページ「直久」はこちら

この本の内容

死んでしまったあなたに、とりつくしま係が問いかけます。そして妻は夫のマグカップに、弟子は先生の扇子に、なりました。切なくて、ほろ苦くて、じんわりする連作短篇集。

この本の目次

ロージン
トリケラトプス
青いの
白檀
名前
ささやき
日記
マッサージ
くちびる
レンズ
番外篇 びわの樹の下の娘

読者の感想

2007.10.22 ヤクルト

すごいお話でした。                  とてもおもしろかったです。              何か、不思議でした。でもそこに、面白さが、あるというか・・・。私も、とりつかれたように、読んでいました。 

2007.8.22 むぎ茶

だれでも、死んでしまったら、生きていた世界に、やりのこした事や、会いたい人がいるのは、あたりまえだと思います。そこをついた「とりつくしまがかり」が、最後のねがいを、かなえてくれるおもしろい話でした。 もしじぶんが、今、死んでしまって、「とりつくしまがかり」にあったら、
長く残るものではなく、大切な、人のそばに、ちょこっといて、「スゥ」っときえて、いなくなりたいと思いました。

2007.8.19 くまこ

マグカップの章、いい話だな〜と感じながら読みました。
私がいま死んでしまったら、何にとりつくだろう?と思った時に、

夫ではなく(笑)少し前まで好きだった人を思い浮かべ、
その人のところに居るだろうなと思いました。

その人がいつも着けているペンダントになって、
側に居るかしら?
でも、もし新しい恋人が出来たら、
その彼女を見ることになるかしら?

「もし私が死んだら、貴方のペンダントになるからね」と
伝えておこうかなと・・密かに思いました。

「取り憑く」だと怖いですけど、
「とりつくしま」は、そういう怨念めいたものがなく
サラっとしていて、どこか優しいですね。

2007.7.30 みゆ・ちい

〝とりつくしま係になりたい!〟と思わせる、おかし味があった。(係になるにはこの世に居てはまずいか!!)と思って又おかしくなった。
若い人の感性はすばらしいものがあると感心した。

2007.5.28 yst968

大切な方に、そっと贈りたい本

奇抜なモチーフながら、日常的な『人の愛情』を感じ、読みながら涙することもあり、笑みがこぼれることもあり、あっというまに完読してしまいました。このモチーフで、いろんな人と会話を楽しみたくなり、また、大切な人と価値を共感したくなりました。

2007.5.24 モーチャン

国立ガン病棟に入院中、TVを見て、私も死が近いので、もし「とりつくしま」が与えられたら、と考え、興味深く購入しました。娘からのプレゼントとした為、書店名は解かりません。心残りが、主人と娘と愛犬のチコちゃんです。主人は毎日聞いているトランジスターラジオ、娘は携帯電話、愛犬には散歩の時つける首輪にとりつきたいと思います。

2007.5.24 岳人

旅行の時(飛行機の中、幹線の車中)で読みましたが、あっという間に羽田、京都でした。何か変な感じのとても印象的な事でした。後半は特によかった。東氏の他の本、歌人の書を読みたい。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可