老いの生きかた

鶴見 俊輔

モンテーニュやサルトルから串田孫一まで、心に残り、自分と他人の老いについて考えるヒントになるよう編まれたユニークなアンソロジー。[R]◎こころの本

老いの生きかた
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,359円+税
  • Cコード:0010
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1988/08/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B6判
  • ページ数:200
  • ISBN:4-480-84191-1
  • JANコード:9784480841919
鶴見 俊輔
鶴見 俊輔

ツルミ シュンスケ

1922−2015年。哲学者。1942年、ハーヴァード大学哲学科卒。46年、丸山眞男らと「思想の科学」を創刊。65年、小田実らとベ平連を結成。2004年、大江健三郎らと「九条の会」呼びかけ人となる。著書に『アメリカ哲学』『限界芸術論』『アメノウズメ伝』などのほか、エッセイ、共著など多数。『鶴見俊輔集』全17巻もある。

この本の内容

この本は、老いについての文章をあつめた。どのように老い、どのように終るかは、人それぞれでちがうから、当然にこの本は老いについての相反した観察をふくんでいる。限られた時間のなかで、いかに充実した人生を過ごすか。来たるべき日にむけて、考えるヒントになるエッセイ集。

この本の目次

未知の領域にむかって(鶴見俊輔)
柳先生(中勘助)
『黄昏記』より(真野さよ)
生命の酒樽(山田稔)
最晩期の斎藤茂吉(鮎川信夫)
幸せな男(高森和子)
ジジババ合戦、最後の逆転(富士正晴)
分不は老熟につきもの(キケロ/吉田正通訳)
若さと老年と(金子光晴)
老齢は強力な病気(モンテーニュ/原二郎訳)
要約すると(モーム/中村能三訳)
70歳の自画像(サルトル/海老坂武訳)
あととさき(室生犀生)
耄碌寸前(森於莵)
現在高(幸田文)
小さくなる親(串田孫一)
おいしい仔犬(戸井田道三)
巣箱(野上弥生子)
年齢のこと(天野忠)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可