子は親を救うために「心の病」になる

高橋 和巳

「ママの苦しみを引き出すために、僕はもっとひどいことをしないといけない」

子は親が好きだからこそ、「心の病」になる。親は自分の人生を振り返ることで、真の解決にいたる。多くの親子を治療してきた著者が説く、心の発達の驚くべき仕組み。

子は親を救うために「心の病」になる
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,700円+税
  • Cコード:0011
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2010/03/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-84292-3
  • JANコード:9784480842923
高橋 和巳
高橋 和巳

タカハシ カズミ

精神科医。医学博士。1953年生まれ。福島県立医科大学卒業後、東京医科歯科大学神経精神科に入局。大脳生理学・脳機能マッピング研究を行う。都立松沢病院で精神科医長を退職後、都内でクリニックを開業。カウンセラーの教育にも熱心で、スーパーヴィジョンを行っている。著書に『「母と子」という病』(ちくま新書)、『子は親を救うために「心の病」になる』『人は変われる』(ちくま文庫)、『新しく生きる』『楽しく生きる』(共に三五館)等がある。

この本の内容

親のために、引きこもった男の子。摂食障害になった女の子。善悪が逆転した感覚を持ち、「虐待の連鎖」に悩む子育てママ。親とのつながりを持てずに育った女性の、「異邦人」のような存在感の希薄さ…。様々な症例を基に解明される、親子という「生きづらさ」の原点と、その解決。

この本の目次

第1章 息子は親を救うために引きこもった(学童期は親の生き方をまるごと取り入れる
反抗期の激しさは、親が教えた「心の矛盾」に比例する
「ママの苦しみをとるために僕は不登校になった」
親の老後が心配なので、僕は三二歳で引きこもった)
第2章 娘の摂食障害が、母親の人生を回復させた(拒食症は「我慢が第一」という生き方の結果
互いの我慢がとれて、母と娘の人生が回復する)
第3章 虐待されて育った子は「善と悪が逆」になっている(虐待を受けて育った母が、子どもを追いつめる
虐待が止まらないのは心理システムが逆転しているから)
第4章 親とのつながりを持てなかった子の不思議な訴え(親とのつながりを持てないと世界は希薄化する
この世界での解決は、「親と出会う」前に戻ること)
第5章 心の発達段階の最後、「宇宙期」とは何か(生きている実感がある、ない、の違い
成人期の先、「宇宙期」を推測する
「この世界」から離れ「宇宙期」へと至る心のプロセス)

読者の感想

2015.5.22 ぼけなす

読み進めながらもの凄い衝撃を受けました。私は「親とつながりをもてなかった子」です。そして今までの人生の中で何度も「別の親だったら・・」と考えてきました。長く説明のつかないもやもやとしたこの気持ちは、永久に誰にも理解されないのだと気づいてしまった。読み終えた直後は、妻となり母となってしまったことへの後悔が押し寄せてきて、かなり精神をかき乱されました。そのくらい、心の奥深く深く掘り下げた、ある意味ショッキングな本でした。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可