〈私〉探しゲーム ─欲望私民社会論

上野 千鶴子

CM、ファッション、不倫、目立ちたがり症候群……そうした「ポストモダンの波頭たち」の底流を探る。 現代のシャーマン 上野千鶴子の世紀末ウォッチング。

〈私〉探しゲーム ─欲望私民社会論
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,301円+税
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1987/01/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-85345-6
  • JANコード:9784480853455
上野 千鶴子
上野 千鶴子

ウエノ チヅコ

1948年富山県生まれ。社会学者。東京大学名誉教授。認定NPO法人ウィメンズアクショネットワーク(WAN)理事長。専門学校、短大、大学、大学院、社会人教育などの高等教育機関で、40年間、教育と研究に従事。著書に『近代家族の成立と終焉』、『家父長制と資本』(岩波書店)、『おひとりさまの老後』(文春文庫)、『女ぎらい』(紀伊國屋書店)、『ケアの社会学』(太田出版)、『サヨナラ、学校化社会』など多数。

この本の内容

「近代を乗り超えるものは近代の中にしかない。」CM、ファッション、不倫、目立ちたがり症候群…同時代のシャーマンたらんとする著者が、いわば「脱近代の波頭」をとらえて、差異化する商品の意味、アイデンティティの変質など、その底にある時代の変動を浮かびあがらせる。

この本の目次

序 「近代」の野辺送り
1 ポストモダンの波頭
2 差別化の商品学(くらしのカタログ
商品―差別化の悪夢)
3 〈私〉探しゲーム(個性神話のパラドックス
インテリアの社会学
流行の運命
ハレ・ケ・スキ―ファッション考現学)
4 消費社会前史(戦後欲望外史―高度成長を支えた私民たち
女性誌ニュージャーナリズムの同世代史)
5 女たちの欲望(ロマンチックラブ・イデオロギーの解体
快楽という通貨)
6 百貨店―都市空間の記号学
7 大衆社会の変貌

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可