部落史の先駆者・高橋貞樹 ─青春の光芒

沖浦 和光

被差別部落史研究の先駆的業績とされる「特殊部落一千年史」。著者である高橋貞樹は治安維持法下に激しく生きた。その青春像を様々な調査資料を基に描き出す。

部落史の先駆者・高橋貞樹 ─青春の光芒
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,600円+税
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2015/12/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-88531-9
  • JANコード:9784480885319
沖浦 和光
沖浦 和光

オキウラ カズテル

1927年大阪府生まれ。東京大学文学部卒業。桃山学院大学名誉教授。専攻は比較文化論・社会思想史。これまで数百にのぼる各地の被差別部落を訪れ、伝承されてきた民俗文化と産業技術を研究。山の民や海の民の歴史にも深い関心を寄せてきた。また、国内外の辺境や都市、島嶼でのフィールドワークを通して、日本文化の深層を探る研究調査を続けている。

この本の内容

部落史研究の先駆的成果として、いまも読み継がれる岩波文庫「被差別部落一千年史」。その著者・高橋貞樹のことはあまりにも知られていない。日本共産党史からは転向者の烙印を押され、片隅に追いやられている。若くして水平社運動、日本共産党創立に参加、やがてモスクワに密出国し、コミンテルンで活動。秘かに日本帰国後は共産党の再建に従事するが、特高警察によって検挙、治安維持法違反により懲役15年の刑を受ける。しかし、獄中で病気が悪化、30歳の生涯を閉じる。沖浦和光が後半生を費やし追い求めた高橋貞樹の生涯が、いま歴史に刻まれる。

この本の目次

序章 水軍の末裔
第1章 高橋貞樹との邂逅
第2章 水平社結成と第一次日本共産党
第3章 『特殊部落一千年史』の衝撃
第4章 上海・ウラジオストック・シベリア鉄道
第5章 モスクワ留学時代
第6章 一九二七年の「日本問題に関する決議」
第7章 地下より浮上した革命運動
第8章 転向の時代

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可