小関 智弘
コセキ トモヒロ

1933年生まれ。町工場の旋盤工として51年間働き続けたが、現在は作家として執筆に専念している。主な著書に『大森界隈職人往来』『粋な旋盤工』『羽田浦地図』『鉄の花』『職人学』『鉄を削る 町工場の技術』『春は鉄までが匂った』『仕事が人をつくる』『ものづくりに生きる』『町工場巡礼の旅』など。

検索結果

前のページへ戻る
6件1~6件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

町工場・スーパーなものづくり

小関 智弘 著 

人工衛星から携帯電話まで、現代の最先端技術を支えているのが町工場だ。そのものづくりの原点を、元旋盤工でもある著者がルポする。

ちくま文庫  文庫判   240頁   刊行日 2009/11/10  ISBN 978-4-480-42664-2
JANコード 9784480426642

定価:本体700 円+税

在庫  ○

東京大森海岸 ぼくの戦争

小関 智弘 著 

東京の大森海岸沿いに生まれ、育った著者。鮮魚商だった父のこと、学童疎開、空襲、捕虜……。少年の眼が見た戦中・戦後の東京の生活風景をいきいきと描き出す。

単行本  四六判   224頁   刊行日 2005/07/13  ISBN 4-480-80389-0
JANコード 9784480803894

定価:本体1,600 円+税

春は鉄までが匂った

小関 智弘 著 

職人たちの知恵と勇気と技術が不可能を可能にする。町工場のものづくりの姿をいきいきと伝える著者の代表作。 <br /> 【解説: 吉田敏浩 】

ちくま文庫  文庫判   320頁   刊行日 2004/04/07  ISBN 4-480-03947-3
JANコード 9784480039477

定価:本体780 円+税

おんなたちの町工場

小関 智弘 著 

最先端技術を支えるものづくりの現場は男だけのものではない。町工場を支えるたくましい女性たちの姿を、旋盤工の著者が描く。

ちくま文庫  文庫判   240頁   刊行日 2001/04/10  ISBN 4-480-03629-6
JANコード 9784480036292

定価:本体580 円+税

鉄を削る 町工場の技術

小関 智弘 著 

日本の最先端技術を基礎から支える町工場。そこで五十年間旋盤工として働いてきた著者が、知恵に裏付けされた技と職人魂を描く。 <br /> 【解説: 関満博 】

ちくま文庫  文庫判   224頁   刊行日 2000/08/09  ISBN 4-480-03578-8
JANコード 9784480035783

定価:本体580 円+税

町工場・スーパーなものづくり

小関 智弘 著 

宇宙衛星のパーツや指を切らないプルトップ缶を作るなど、最先端技術を支える町工場。知恵と勇気と少しのお金で何でもつくりだす町工場流ものづくりにせまる。

シリーズ・全集  B6判   208頁   刊行日 1998/08/24  ISBN 4-480-04223-7
JANコード 9784480042231

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

  • 1