森谷 公俊
モリタニ キミトシ

1956年徳島県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業。同大学院博士課程、東京都立大学助手を経て、帝京大学文学部史学科教授。専攻は古代ギリシア史・マケドニア史、研究テーマはアレクサンドロス大王など。著書に『王宮炎上── アレクサンドロス大王とペルセポリス』(2000年 吉川弘文館)、『アレクサンドロス大王──「世界征服者」の虚像と実像』(2000年 講談社)、『アレクサンドロスの征服と神話』(2007年 講談社)、『学生をやる気にさせる歴史の授業』 (2008年 青木書店)など。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

アレクサンドロスとオリュンピアス ─大王の母、光輝と波乱の生涯

森谷 公俊 著 

彼女は怪しい密儀に没頭し、残忍に邪魔者を殺す悪女なのか、息子を陰で支え続けた賢母なのか。大王母の激動の生涯を追う。 <br /> 【解説: 澤田典子 】

ちくま学芸文庫  文庫判   256頁   刊行日 2012/04/10  ISBN 978-4-480-09449-0
JANコード 9784480094490

定価:本体1,100 円+税

在庫  ○

王妃オリュンピアス ─アレクサンドロス大王の母

森谷 公俊 著 

古代マケドニア王の妻であり、英雄アレクサンドロス大王の母であるオリュンピアス。彼女は本当に希代の悪女だったのか。謎に満ちたマケドニア王妃の波乱の生涯。

ちくま新書  新書判   224頁   刊行日 1998/02/19  ISBN 4-480-05745-5
JANコード 9784480057457

定価:本体660 円+税

  • 1