天童 荒太
テンドウ アラタ

1960年、愛媛県生まれ。作家。大学卒業後に執筆活動に入る。’86年『白の家族』で第13回野性時代新人文学賞。’93年『孤独の歌声』(新潮社)で第6回日本推理サスペンス大賞優秀作。’96年『家族狩り』(新潮社)で第9回山本周五郎賞。2000年にはベストセラーとなった『永遠の仔』(幻冬舎)で第53回日本推理作家協会賞を受賞。04年『家族狩り』(新潮文庫)をあらためて書き起こした。06年『包帯クラブ』を<ちくまプリマー新書>の一冊として刊行して話題を呼んだ。他の著作に『あふれた愛』(集英社)、画文集『あなたが想う本』(舟越桂と共著・講談社)、対談集『少年とアフリカ』(坂本龍一と共著・文藝春秋)がある。(著者近影:坂本真典)

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

包帯クラブ

天童 荒太 著 

傷ついた少年少女達は、戦わないかたちで自分達の大切なものを守ることにした。生きがたいと感じるすべての人に贈る長編小説。大幅加筆して文庫化。

ちくま文庫  文庫判   240頁   刊行日 2013/06/10  ISBN 978-4-480-43015-1
JANコード 9784480430151

定価:本体500 円+税

在庫  ○

包帯クラブ ─The Bandage Club

天童 荒太 著 

傷ついた少年少女たちは、戦わないかたちで、自分たちの大切なものを守ることにした……。いまの社会をいきがたいと感じている若い人たちに語りかける長編小説。

ちくまプリマー新書  新書判   192頁   刊行日 2006/02/06  ISBN 4-480-68731-9
JANコード 9784480687319

定価:本体760 円+税

在庫  ○

  • 1