大竹 文雄
オオタケ フミオ

1961年生まれ。83年、京都大学経済学部卒業。85年、大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。大阪府立大学講師等を経て、現在、大阪大学社会経済研究所教授。大阪大学博士(経済学)。労働経済学を専攻。著書に『日本の不平等』(日本経済新聞社、サントリー学芸賞、日経・経済図書文化賞、エコノミスト賞受賞)、『経済学的思考のセンス』(中公新書)、『労働経済学入門』(日経文庫)、『応用経済学への誘い』(編著、日本評論社)などがある。2006年に日本経済学会・石川賞を受賞。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

格差と希望  ─誰が損をしているか?

大竹 文雄 著 

年金問題、ロストジェネレーション、企業の不祥事など、この国の重大事を取り上げ、処方箋を示す。不公平な仕組みを放置させないための、明快な時代診断の書。

単行本  四六判   248頁   刊行日 2008/06/25  ISBN 978-4-480-86383-6
JANコード 9784480863836

定価:本体1,800 円+税

こんなに使える経済学  ─肥満から出世まで

大竹 文雄 編集 

肥満もたばこ中毒も、出世も談合も、経済学的な思考を上手に用いれば、問題解決への道筋が見えてくる! 経済学のエッセンスが実感できる、まったく新しい入門書。

ちくま新書  新書判   208頁   刊行日 2008/01/08  ISBN 978-4-480-06400-4
JANコード 9784480064004

定価:本体760 円+税

在庫  ○

  • 1