サトウタツヤ
サトウタツヤ

1962年生まれ。東京都立大学人文学部卒業。同大学院博士課程退学。同大学助手、福島大学行政社会学部助教授を経て、現在、立命館大学文学部教授/研究部長、立命館グローバルイノベーション研究機構副機構長。専門は応用社会心理学、心理学史。著書に『日本における心理学の受容と展開』(北大路書房)『方法としての心理学史』(新曜社)『IQを問う』(ブレーン社)、共著に『心理学・入門』(有斐閣)『あなたはなぜ変われないのか』(ちくま文庫)『社会と向き合う心理学』(新曜社)などがある。2016年4月より立命館大学総合心理学部でも教鞭をとる(予定)。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

心理学の名著30

サトウタツヤ 著 

臨床や実験など様々なイメージを持たれている心理学。それを「認知」「発達」「社会」の側面から整理しなおし、古典から最新研究までを解説したブックガイド。

ちくま新書  新書判   288頁   刊行日 2015/10/05  ISBN 978-4-480-06855-2
JANコード 9784480068552

定価:本体880 円+税

在庫  ○

あなたはなぜ変われないのか ─性格は「モード」で変わる 心理学のかしこい使い方

サトウタツヤ 著  渡邊 芳之 著 

「性格は変わらない」? なりたい自分になるために、性格は柔軟に変えていくことができるんです。目からウロコの「性格」の本。 <br /> 【解説: 金原瑞人 】

ちくま文庫  文庫判   320頁   刊行日 2011/11/09  ISBN 978-4-480-42877-6
JANコード 9784480428776

定価:本体780 円+税

  • 1