浜本 隆志
ハマモト タカシ

一九四四年香川県生まれ。ヴァイマル古典文学研究所、ジーゲン大学留学。博士(文学)。現在、関西大学文学部教授。ドイツ文化論・ヨーロッパ文化論専攻。著書に『モノが語るドイツ精神』『拷問と処刑の西洋史』 (ともに、新潮選書)、『魔女とカルトのドイツ史』(講談社現代新書)、『指輪の文化史』『紋章が語るヨーロッパ史』(白水uブックス)、『謎解き アクセサリーが消えた日本史』(光文社新書)、『鍵穴から見たヨーロッパ』(中公新書)、『ドイツ・ジャコバン派──消された革命史』(平凡社)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

「窓」の思想史 ─日本とヨーロッパの建築表象論

浜本 隆志 著 

建築物に欠かせない「窓」。それはまた、歴史・文化的にきわめて興味深い表象でもある。そこに込められた意味を日本とヨーロッパの比較から探るひとつの思想史。

筑摩選書  四六判   272頁   刊行日 2011/10/12  ISBN 978-4-480-01529-7
JANコード 9784480015297

定価:本体1,600 円+税

在庫  問合せ

  • 1