佐藤 優
サトウ マサル

1960年生まれ。作家・元外務省主任分析官。同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。現在は、作家活動に取り組む。著書に『国家の罠』『自壊する帝国』『いま生きる「資本論」』(新潮文庫)、『勉強法』(角川新書)、『資本主義の極意』(NHK出版新書)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

子どもを守る仕事

佐藤 優 著  遠藤 久江 著  池上 和子 著 

いま、児童福祉の仕事が見なおされています。保育士、教員、里親、児童養護施設職員──。本書では、子どもの命と生活を守る職業の魅力と働き方を考えます。

  新書判   256頁   刊行日 2020/10/07  ISBN 978-4-480-68388-5
JANコード 9784480683885

定価:本体880 円+税

在庫  ○

格差社会を生き抜く読書 シリーズ ケアを考える

佐藤 優 著  池上 和子 著 

波瀾万丈な人生を歩んできた佐藤氏と、貧困の現実を熟知する臨床心理士の池上氏が、格差社会のリアルを語る。危機の時代を生き抜くために役に立つ読書案内。

ちくま新書  新書判   208頁   刊行日 2018/11/05  ISBN 978-4-480-07179-8
JANコード 9784480071798

定価:本体760 円+税

在庫  ○

  • 1