ギリシア神話

串田 孫一

ゼウスやエロス、プロシュケやアプロディテなど、人間くさい神々をめぐる複雑なドラマを、わかりやすく綴った若い人たちへの入門書。

ギリシア神話
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体580円+税
  • Cコード:0198
  • 整理番号:く-8-1
  • 刊行日: 1990/01/30
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-02373-9
  • JANコード:9784480023735
串田 孫一
串田 孫一

クシダ マゴイチ

1915―2005年。哲学者、詩人、エッセイスト。東京生まれ。東京帝国大学哲学科卒業。上智大学、東京外国語大学などで教鞭をとる。「歴程」同人。1958年、山の文芸・芸術誌「アルプ」を創刊し、,83年終刊まで編集責任者を務める。『山のパンセ』実業之日本社、『ギリシア神話』筑摩書房、『串田孫一随想集』全6巻、立風書房、『串田孫一集』全8巻、筑摩書房など、著書多数。

この本の内容

恋多きゼウスと、嫉妬に狂う妻ヘラ、その子ヘーパイトスと美の女神アプロディテ、恋の矢をもつエロス…オリュンポスの神々はいかに戦い、いかに恋したか。しなやかな哲学者による、ギリシア神話入門の決定板。

この本の目次

世界が創造され、そこに生まれた神々がさっそく戦いはじめたこと
オリュポス山上の神の都と、そこにいる十二の神々
オリオンが追いかけた7人の娘
愛の神エロスが恋をした話
人間の最初の女および火を盗んで岩につながれたプロメテウス
大洪水で人間が死に絶え再び生まれ出ること
太陽神の車を借りて川に落ちたパエトンの話
冥府へ行ったペルセポネ、あるいはこの世に四季が出来たいわれ
アポロンの投げた円盤が美少年ヒュアキトントスを殺すこと
月の女神と羊飼いの若者との月夜にふさわしい恋物語〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可