エエカゲンが面白い ─数学・教育・大学

森 毅

もっと肩の力を抜いて、甘えを捨てて、「人生こんなもんよ」と生きていこう。おなじみ森センセイの教育をめぐる痛快人生指南。

エエカゲンが面白い ─数学・教育・大学
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 576円(税込)
  • Cコード:0137
  • 整理番号:も-4-3
  • 刊行日: 1991/10/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-02568-5
  • JANコード:9784480025685
森 毅
森 毅

モリ ツヨシ

1928年東京生まれ。東京大学数学科卒業。京都大学教養部教授を長く務める。著書に『まちがったっていいじゃないか』(ちくま文庫)、『数学の歴史』(講談社学術文庫)、『対談 数学大明神』(安野光雅氏と共著、ちくま学芸文庫)ほか多数。2010年7月逝去。

この本の内容

大学生にもなって、「出席をとってくれ」とはケシカラン。努力を認めてくれ、などと甘えてはイカン。人生、実らぬ努力もあるのダヨ…。学校教育のなかで知らず知らず型にはまってしまった私たちの頭のコリをもみほぐし、目からウロコを落としてくれる森センセイの人生指南。

この本の目次

1 数学者といわれても世間の中で…(戦争の終わるまで
数学者の反戦運動
新入生への私的オリエンテーション ほか)
2 教育などについかかわって…(評価について
裸の王様
中教審答申と大学教師 ほか)
3 …それでも大学で数学を教えている(日本数学の社会史
歴史のなかの“大学”理念
「高校数学」と「大学数学」の間
公理主義の変容 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可