対談 数学大明神

森 毅 著 , 安野 光雅

ご存じ森毅・安野光雅両センセイが、体力と知力を尽くした大舌戦。これさえ読めば、どんな数学嫌いもたちどころになおる!?

対談 数学大明神
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 939円(税込)
  • Cコード:0141
  • 整理番号:も-4-4
  • 刊行日: 1992/05/21
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:4-480-02621-5
  • JANコード:9784480026217
森 毅
森 毅

モリ ツヨシ

1928年東京生まれ。東京大学数学科卒業。京都大学教養部教授を長く務める。著書に『まちがったっていいじゃないか』(ちくま文庫)、『数学の歴史』(講談社学術文庫)、『対談 数学大明神』(安野光雅氏と共著、ちくま学芸文庫)ほか多数。2010年7月逝去。

安野 光雅
安野 光雅

アンノ ミツマサ

安野 光雅(あんの・みつまさ):1926年島根県津和野生まれ。画家・絵本作家として、国際アンデルセン賞、ケイト・グリーナウェイ賞、紫綬褒章など多数受賞し、世界的に高い評価を得ている。主な著作に『ふしぎなえ』『ABCの本』『繪本平家物語』『繪本三國志』『片想い百人一首』などがある。2020年、逝去。

この本の内容

片や佐保利流数学指南・森毅、こなた津和野流絵師・安野光雅、つわもの二人が延々30時間にわたる丁々発止の大舌戦。話は数字のゼロから始まり、歴史芸術科学宗教政治、果ては受験、ドラキュラ、百人一首、SF、パチンコ、長唄と、止まる所を知らない。この大勝負、数学の神もご照覧あれ。

この本の目次

宇宙人との対話
色の文化
なぜ旗があるのか
納得のための理屈
統計のおもしろさ
数学はギャンブルには役に立つ
「ツキ」と確率〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可