シェイクスピア全集 9 ウィンザーの陽気な女房たち

シェイクスピア 著 , 松岡 和子 翻訳

無類の酒好き、女好き、太目の悪党フォルスタッフ。いい目を見ようと人妻に言い寄るが、企みバレて大騒ぎとなるドタバタ喜劇。
【解説: 前沢浩子 】

シェイクスピア全集 9 ウィンザーの陽気な女房たち
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 902円(税込)
  • Cコード:0197
  • 整理番号:し-10-9
  • 刊行日: 2001/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-03309-2
  • JANコード:9784480033093
シェイクスピア
シェイクスピア

シェイクスピア

1564-1616。イギリスの劇作家・詩人。悲劇喜劇史劇をふくむ36編の脚本と154編からなる14行詩(ソネット)を書いた。その作品の言語的豊かさ、演劇的世界観・人間像は現代においてもなお、魅力を放ち続けている。

松岡 和子
松岡 和子

マツオカ カズコ

1942年、旧満州新京生まれ。 東京女子大学英文科卒業。東京大学大学院修士課程修了。翻訳家・演劇評論家。著書に『「もの」で読む入門シェイクスピア』(ちくま文庫)、『快読シェイクスピア』(河合隼雄氏と共著、ちくま文庫)、『深読みシェイクスピア』(新潮選書)、訳書に『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』(T.ストッパード)ほか。

この本の内容

シェイクスピア作品の中で唯一、同時代のエリザベス朝のイングランドを扱った市民劇。無類の酒好き、女好き、太っちょの悪党フォルスタッフ。素寒貧になった怪騎士が思いついたのは、金持ちの人妻に言い寄って、金も恋も思いのままにという企み。ところが陽気な女房たちの仕掛けに逆にはまってしまって大騒ぎ。ウィンザーの多彩な面々に懲らしめられるドタバタ喜劇。

読者の感想

2006.12.07 スレンダー

本当におもしろい喜劇だとおもいます。

シェイクスピアの中の喜劇で僕は今、NO.1だとおもいます。
登場人物それぞれに独自のキャラクターがあり、観るのも、演じるのも楽しい作品です。
先日学校のプロジェクトでスレンダー役を演じさせていただきました。松岡和子先生の訳も素敵で思い出の本になりました。
筑摩書房さんにはこれからもシェイクスピア作品がどしどしと出版されることを期待しています。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可